マクロを使い始めたいときに

マクロの自動記録機能を使って、「Normal.dotm」ファイルに生成されるマクロを使用する方もいるかと思います。この「Normal.dotm」ファイルは不安定なため、ここでは、マクロが勝手に消えないようにしたいときにの回でも説明した、マクロ格納用ファイルにマクロを記録する方法について、ご説明をします。

まず、ワードドキュメントのファイルを作成します。例えばデスクトップ上で右クリックをし、コンテキストメニューの[新規作成(X)]-[Microsoft Word 文書]を選択し、左クリックをします。

新規のワードドキュメントのファイルが作成されますので、拡張子を[.dotm]に変更します。ファイル名は、なんでも結構ですがここでは「Macro」としています。拡張子を変更する際、警告メッセージが表示されますが、「はい(Y)」をクリックします。 これでマクロ格納用ファイルが作成されます。

マクロ格納用ファイルにマウスポインタを当て、右クリック+ショートカットキー[O]でマクロ格納用ファイルを開いてください。正しく開くことができない可能性がありますので、ダブルクリックは使用しないでください

開いた後、[alt]+[F11]を押下し、VBE(Visual Basic Editor)を開いてください。すると、↓のような画面が表れます。

ここで、画面左側のツリーの中から「Project」を右クリックし、ショートカットキー [N]-[M]を順に押下してください。


すると、↓のように、マクロを記述するためのウィンドウが表示されます。

次のサンプルマクロをコピーし、このウィンドウに貼り付けてください。

Sub autoexec()で記述したマクロは、ショートカットキーの設定が消えないようにしたいときにの回で簡単にご紹介した内容です。ここに記述されたコードは、新たにワードファイルを開いたとき、自動的に実行されます。この例では、マクロ「背景を黒色にする」とショートカットキー[Alt]+[Shift]+[B]紐付けられます。

「背景を黒色にする」は、画面がまぶしいときにの回でご紹介したマクロです。

貼り付けると、↓のようになります。

マクロ格納ファイルを保存して 閉じます。そして、 マクロ格納ファイルを下記のアドレスに格納します。[windows]+[E]でエクスプローラーを開き、アドレスバーにアドレスをコピーすると開くことができます。

C:\Users\%username%\AppData\Roaming\Microsoft\Word\STARTUP\

これでマクロが実行できるようになります。新たに作業対象のワードファイルを開くと、上記で格納したマクロが読み込まれ、ショートカットキーがバインドされ、 [Alt]+[Shift]+[B] を押下すると、背景が黒色になります。

他のマクロを追加したいときには、先程貼り付けたマクロの下方に追加していきます。新たにショートカットを設定するときには、autoexecプロシージャ内に記述します。

(参考)

背景を黒色にしたいとき