句読点まで一気に選択したいときに

文を書いたり修正したりしていると、カーソルの移動に時間がかかることがあります。例えば、現在のカーソル位置から次の句読点までの部分を削除したいとき、Shiftを押しながら右矢印キーカタカタを叩いて句読点まで選択して削除をします。僅かな時間ですが、積み重なると大きな時間になります。

このときに、次の句読点(+改行・墨付き括弧)まで、一気に選択するマクロを作成しました。

例えば、次のような文書を作成し、「買ったら固くてかめない」から次の句読点まで削除したいとき、矢印で示した位置にカーソルを持っていき、マクロを実行します。

すると、 「買ったら固くてかめない」から次の句読点まで選択されます。

削除キーを押して削除します。

削除後は、上のようになります。

(参考)

ドキュメント内を上へジャンプしたいときに

ドキュメントを下へジャンプしたいときに