変更履歴だらけにしたくないときに

ワードの原稿に変更履歴で修正を入れることがあります。複数出てくる名称等は、変更履歴をオンにしてCtr+Hなどで一括置換すると便利です。

しかしながら、一括置換も多用しすぎると、文書が変更履歴だらけになってしまいます。

例えば、「制御装置」を「制御部」に変えるとき、「制御」はそのままで、「装置」だけ「部」に変えてほしい。

前方一致部分には変更履歴をかけず、後方の相違部分のみに変更履歴をかけるマクロです。

例えば、↓のような文書を用意して、マクロを実行します。

すると、変更前語句を聞かれますので、例えば制御装置と入力します。

続いて、変更後語句を聞かれますので、制御部と入力します。

実行結果は、↓のとおりです。「制御」には、変更履歴がかからず、「装置」が削除され、「部」が追加されます。