山路を登りながら

アドビのイラストレータで図面を作成するとき、文字入力のショートカット「T」を押すと、文字入力枠が表示され、その中にデフォルトで「山路を登りながら」の文字が表示されます。

夏目漱石の「草枕」の冒頭の一節です。

この作品は、画家が主人公として描かれています。画像ソフトに画家が主人公の文学作品の一節を表示させる点、なかなか秀逸、というか謎。

と思っていたところ、いつもどおり文字を入力するためショートカット「T」を押して、マウスで入力エリアをドラッグして広げたら、

情に棹させば流される。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。・・・

と、さらに草枕。

しかし、なんで文の順番がバラバラなんだろう??